お金

不動産投資の基礎知識|収益物件の査定と売却

物件の場所を見る

マンション

購入前に

不動産投資で重要なのは、主に2つです。一つはマンション管理であり、もう一つは不動産物件の立地です。たしかに物件そのものの状態も重要になりますが、こちらはリフォームで改修することによって改善が可能です。しかし、立地だけはどうやっても改善することができません。例えば、小奇麗で立派なマンションだけど、駅から遠く近くにスーパーやコンビニがない場合と駅近くで生活に必要な施設が全て徒歩圏内にある少し汚いマンションだと、後者のほうが生活しやすく、人気が高いです。それだけではありません。周囲の環境もまた物件の価値に大きな影響を与えています。例えば、近所に変わった匂いを出す工場があったり、近所にゴミ屋敷があったりした場合、どんなに生活しやすそうな立地でもそれ以上に不快感のほうが勝ってしまいます。このように、不動産投資は立地を詳しく確認し、収益が見込めるかどうかを見極める必要があるのです。

ニーズを把握する

では、生活に不便なところは投資しないほうが良いのかというと、一概にそうとはいえません。例えば、生活は多少不便だけど非常に閑静で過ごしやすい環境だった場合、そういった物件に住みたいという一定のニーズは存在します。また、家賃の額を減らすなどすれば安さを優先している人も住み着きやすくなります。そして、こういった住人の退去者を出さないためにもマンション管理が重要になります。マンション管理によって住居に不備が出ないように管理すれば、口コミで評判が広がる可能性もあります。マンション管理業社は宣伝もしてくれるので、信頼できるところを探しましょう。